FC2ブログ

BVE5 京阪石坂線リニューアル版を期日限定公開します

BVE5 京阪石山坂本線のリニューアル版を期日限定で公開します
期間は2019/01/17(木)から2019/01/20(日)夜までとなります。
isiyaman1.png
isiyaman2.png
isiyaman3.png
isiyaman4.png

公開区間は石山寺→浜大津です。2017年春頃をモデルにしています。
車両はまだ更新していないです。ごめんなさい、適当な車両をご利用ください。
諸事情により上記期間の限定公開となります。 スミマセンがよろしくお願いします。
始めに運転する前にこのページと説明書をお読みください。

*DLはこちら*

本公開は坂本延伸後となります。


----
公開初日の1/17は阪神淡路大震災から24年が経ちました。
私の住む滋賀県(彦根)でも震度5の揺れを観測しました。今回公開した石坂線の話で恐縮ですが、大津線の電車に乗務していた運転手の方のお話が今はなきkeihan-o2.comに掲載されていたのを思い出しました。
発生当時、石山寺駅を発車すると突然の揺れでとっさに非常ブレーキをかけた。京阪大津線はすぐに運転再開し、京阪線~京津線~石坂線でJRのバイパス代わりに使っていただいたという話だったと思います。(記憶なので、まちがっていたらすみません)
その話が記憶に残っており、毎年思い出すように印象に残っています。
京阪も浜大津駅の耐震工事などといったニュースもあり、今後の”もしも”に向けた取り組みをされているんだと感じます。

最後になりましたが、各種災害でお亡くなりになられた方にご冥福をお祈り申し上げるとともに、被害にあわれた方はお見舞い申し上げます。

KATO 221系リニューアル車を改造して近キトK22編成にしてみる

あけましておめでとうございます。

新年早々、前から欲しくてたまらなかったKATO221系のリニューアル車を買ってきました。
基本増結買おうと思ったら増結は近所の店では売り切れで、人気が伺えるとともに無駄遣いしなくてよかった…と思っています。

レビューは他のサイトさんに任せるとして、私は一つの改造例を載せてみることにします。

----
というわけで221系の京都支所のK22編成の2017/12頃をモデルにしています。
このころ、K22編成は京都支所で唯一前面の連絡防止幌の台座だけを取り付け出場し、注目を集めました。
当然ピカピカの姿だったのでここまで汚くはなかったと思いますが。。。

20190101230016bbc.jpeg
加工ポイントはホロの穴埋め、サハ弱冷車表記の撤去、前面車番の撤去、幌台座の取り付け、SIVの交換。
あとはいつものウェザリングとスミ入れ程度ですかね。
TN化は撮影後に1両だけ先行実施しました。車番や各種インレタはそのうちってことで。

20190101230017025.jpeg
前面。台座の取り付けがわかると思います。
台座はプラ板から制作。

20190101230015dc6.jpeg
スミ入れの様子がわかると思います。
幌が無いほうが221系らしいかな?しかし、もうホロが無いほうが違和感を感じるという・・・

20190101230019ca9.jpeg
SIVですが、K22編成は旧型タイプを装着しているため旧製品の221系のM無しモハ221から移植しました。
失敗が心配で省略しようと思いましたが、意外や意外、なんとかうまくいったと思っています。

----

221系の体質改善車は登場時から世話になっている車両だと思います。
一番心に残っているのは一昨年、亀山-柘植間の代行バスから乗り換えたときに柘植駅で待っている姿がとても印象的だったことです。そんなことを書いて締めくくろうと思います。

私は昨年まで三重県の学校に通っていました。2017年の10月から12月、台風で被災した関西本線の代わりの代行バスに学校の友人と乗っていました。
柘植につくのは大体17:10頃。接続する草津線の電車は柘植17;12発の琵琶湖線直通の京都行き。道路事情で到着時刻が変わり、しかもタイトな接続ですが、それを待つのが221系だったのです。なお、そのころにはすでに京都支所の221系は体質改善が終了し、すべて体質改善車でしたので車内は快適でした。
それを逃すと17:46発までないのでどうか間に合ってほしい…と思っていました。

夕暮れの中、代行バスの中で「あと何分…」とカウントダウンしながらヒヤヒヤしていると、JRの乗務員の方が「まもなく柘植です。草津線と関西線の伊賀上野・加茂方面は乗り換え、どちらも17:12発です」と聞くと降りる準備をして「一秒でも早く電車に乗ってやるぞ~」と疲れていながらにもやる気が出てました。
柘植につくと、乗務員の方に挨拶して小走りで改札を抜け、こ線橋を渡り、3番乗りばを降りてみるといつもの221系が止まっていました。
ドアボタンを押し車内を入ると、寒い車外とは違い暖房のきいたあったかい車内が私たちを出迎えてくれたと記憶しています。
すいている車内、いすに腰掛けて窓の外を見ると1番乗りばには関西本線のキハ120がエンジンをふかしながら代行バスの旅客が乗車するのを待っています。友人に「今日も間に合ってよかったなあ~」と話をしていると「17:12発、普通京都行まもなく発車します。」とアナウンスが流れました。
しばらくするとドアが閉まって関西本線と並走しながら発車です。221系のMT61の音を聞きつつ、並走しつつも伊賀上野方面へと去っていくキハ120のテールライトが哀愁を誘います。
音楽を聴きつつも、25mレールの心地よいジョイント音を聞いていると(フラットがうるさい編成もありましたが)いつの間にか眠りについてしまいました。
起きるとどこかと思いきや三雲あたり。友人はとっくに降り、暗くなった車窓を観つつ人が多く、ちょっと騒がしい車内をみてだいぶ山中から郊外に出てきたんだな~と実感する私がいる電車は、草津、そして京都をめざし走っているのでした。

そんな思い出を思い出してくれるKATOの221系体質改善車。今思えば良き?思い出を思い出させてくださってKATOさんありがとうございます。

今年も一年、よろしくお願いします。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Mc220-78

Author:Mc220-78
主に鉄道のこと(特にNゲージ鉄道模型)とか書いていくつもりです。
はじめての方はこちらを御覧ください。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
Mc220-78関連/お気に入りサイトリンク(無断リンクごめんなさい)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR